2017年02月07日

【JTCVM 特別講座】 ~ 通訳も担当する石野校長からのメッセージ(其の弐) ~

石野校長からのメッセージ(蔡講座)02「蔡先生の伝統的中獣医鍼灸療法」の通訳を担当させていただきます国際中獣医学院 日本校校長の石野です。
現在、日本国内の人の鍼灸師さんは殆ど刺針時に針管を用いる管針法を行なっているそうで、中国鍼を打てる方は年々減ってきているようです。
そもそも日本の鍼灸学校では中国鍼の打ち方を教えていないんだそうです。
しかし中国鍼は得気もわかりやすく、効果もあがりやすいと言われています。
これは犬猫の鍼灸にも同じことが言えます。特に椎間板ヘルニアで麻痺が起きた症例では、針感反応が得やすい中国針の方が治療効果が高いことが多く感じます。
本校のカリキュラムでは中国中国鍼について学ぶ機会はありませんが、中国本校の陳武学院長はもっぱら中国鍼専門です。
今回の蔡先生による中国鍼セミナーはそういう意味でも貴重な機会です。
すでに鍼灸治療を行なっている先生にも、またこれから鍼灸治療を学びたい先生にもきっとお役に立てるセミナーになると思います。

詳しくは特集ページをご覧ください ➡ http://jtcvm.com/seminor-sai/


2017年02月05日

【JTCVM 特別講座】 ~ 通訳も担当する石野校長からのメッセージ ~

石野校長からのメッセージ(蔡講座)『蔡先生からの今回の講座の原稿が届きました。日々、夜を徹して翻訳を進めております。内容を拝見しますと、初めて鍼灸治療を勉強する方にも、また、すでに鍼灸治療をされている方にもわかりやすい有益な内容になっております。
針管を使わない技術は日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、鍼治療の本場ではごくごくスタンダードな手法です。マスターすれば治療に幅が広がるばかりでなく、治療効果の向上も期待できます。針管を使わない刺鍼は簡単なようで容易ではありません。
本セミナーを受講すれば速刺法の技術が著しく向上することができると思います。

[開催詳細]
中華亜太小動物中医学会理事長 蔡承郁 DVM による、初学者のための中獣医鍼灸学入門講座
・開催日時:2017年2月26日(日) 12:30-17:30
・開催場所:東京田端/中央動物専門学校 別館19号館
・参加費:25,000円(税別)

詳しくは特集ページをご覧ください ➡ http://jtcvm.com/seminor-sai/


2017年02月03日

【NEW!!】2/12(日)SBS(静岡放送)ラジオに  当校事務局長 増田国充先生が出演いたします

増田先生(SBS静岡放送)当校事務局長 増田国充先生が、SBS(静岡放送)にて日曜朝7:30~7:45に放送されている「わんこ&にゃんこの Happy Life ~僕らはみんなで生きている」に、動物の鍼灸・漢方、そしてペットマッサージとハーブボール等と獣医療との融合に関して興味深いお話しをされます。静岡エリアはもちろんのこと、最近はエリア外であってもポッドキャストやスマホアプリなど、聴取しやすい環境とのことですので、是非お楽しみにしてください。
http://www.at-s.com/sbsradio/timetable/


2017年01月25日

【絶賛受付中】特別講座:中華亜太小動物中医学会理事長 蔡承郁 DVM による、初学者のための中獣医鍼灸学入門講座
『伝統的中獣医鍼灸学の臨床応用と実際』 ~蔡先生の初学者のための中獣医鍼灸学入門講座~

20170226_蔡先生特別講座これから鍼灸治療を始めようとしている先生、現在、鍼灸治療を行っているが、思うような結果が出せていない先生、今までとは違った鍼灸治療を勉強したい先生のためのセミナーです。

[内容]
1、 伝統的中獣医鍼灸学とは?
2、 伝統的中獣医鍼灸学の手法
3、 伝統的中獣医鍼灸学の臨床応用
4、 伝統的中獣医鍼灸学実習

[本講座通訳担当の石野校長より]
2016年9月に開校した国際中獣医学院 日本校では、刺針時に針管を用いた管針法を用いたプログラムを採用しています。管針法は、日本独自の刺針法で、細い針で痛みが少ない方法として、現在は中獣医学の本場である台湾や中国でも採用されています。
一方、国際中獣医学院中国本校の陳武博士は、伝統的中獣医鍼灸手法の針管を用いない手法も採用しています。
今回のセミナーでは、台湾中獣医学の第一人者である蔡 承郁先生に、伝統的中獣医鍼灸学の針管を使用しない鍼灸手法を中心にご教授頂きます。

[開催日時]
2017年2月26日(日) 12:30-17:30

【講師:蔡承郁 DVM】
中華亜太小動物中醫學會理事長(中華亞太小動物中醫學會のホームページはこちら ➡ http://www.apatcmfsa.org.tw
台湾ペットケア発展協会教育総監

詳細は特集ページからご確認ください➡ http://jtcvm.com/seminor-sai/


2016年12月26日

国際中獣医学院台湾校設立に関する会議がありました

2016.12.26_台湾校設立会議(01)2016.12.26_台湾校設立会議(02)12月23日に中国の南京にて、国際中獣医学院台湾校設立に関する会議があり、中国本校の陳武 学院長、台湾から蔡承郁先生とSilvia Yangさん、日本からは石野孝 日本校校長と事務局の後藤が参加しました。
会議の席で、台湾校設立を早期に実現させること、各国の連携をはかり、統一カリキュラムを作成すること、来月出版予定の日中英版 犬猫ツボアトラスの中国、台湾での発売、各国の学生の研修制度などについて、真剣な討論が炸裂 しました。

また、石野校長は南京農業大学の李群教授を表見訪問し、旧交を温めました。(南京農業大学HP http://www.njau.edu.cn/


2016年11月14日

当校事務局長 増田国充が、中国最大のペットの学校である「成都宝仔屋宠物美容学校」特別認定講師に任命されました 増田 国充_国際中獣医アカデミー日本校_成都宝仔屋宠物美容学校増田 国充_国際中獣医アカデミー日本校_成都宝仔屋宠物美容学校

中獣医学の普及啓蒙活動も当校のミッションのひとつです。11/7より四川省成都市にある「成都宝仔屋宠物美容学校」等にて、中獣医学を軸にした様々な講義を行ってきました。当校の事務局長であり、認定講師である増田国充先生の、その功績が認められ、成都宝仔屋宠物美容学校の特別認定講師に今回、任命されました。
今後も獣医師のみならず、幅広く中獣医学の普及啓蒙活動にも力を注いで参ります。

 


| ホーム お知らせ国際中獣医学院について講義の概要とカリキュラム | 中(獣)医学と鍼灸

よくあるご質問 | 認定中獣医鍼灸師 | 会員限定之頁 |