【満員御礼】中獣医鍼灸師養成講座(第三期生)の募集は終了いたしました。次回の募集は来季(2019年度)第四期となります

本校講義の特徴

国際中獣医アカデミー_テキスト 全12回で、小動物臨床鍼灸学に必要な知識と技術を実践的で臨床に即した内容で教育を行ないます。
● 中国本校と連動し、中国でも有名な大学教授陣と中獣医師らが今回の講座に合わせて監修したカリキュラムと経絡経穴の白地図を用いて講義を行います。
● オリジナルの日中英版 犬猫ツボアトラス を用い、ツボの探し方をビジュル的に学習します。
カリキュラムとは別に、毎講義で最新の臨床などに基づいたレジュメを用意します。
● 中国本校から認定された中獣医学のエキスパートである講師陣の講義が、難解な中獣医額の基礎理論を日本人にも習得しやすいよう犬猫ツボアトラス(02)わかりやすく解説します。
● 少人数制を採用し、細かい手技などを納得のいくまで習得できます。

「中獣医鍼灸師養成講座」では、月1回の講義で1年間のセミナー受講後に資格認定試験に合格すると、国際中獣医学院本校認定の『中獣医鍼灸師』の資格を取得するこができます。


会場

国際中獣医学院日本校早稲田校舎
※会場に変更がある場合がございます。あらかじめご了承ください。


カリキュラム概要

中獣医鍼灸学総論
はじめての鍼 : 基本の基本を大解説。手技を吸収!
鍼がなぜ効くのか?生理学的に徹底解明
今日から使える中医学的診断学
よくわかるシリーズ : 陰陽五行、気血津液、五臓六腑、八綱弁証
ここだけは押さえておきたい経脈とツボシリーズ : 腎・膀胱・脾・胃、肺・大腸・心包・三焦、心・小腸・肝・胆、奇経(任脈・督脈・他)
病名弁証シリーズ : 泌尿器疾患、運動器疾患、神経系疾患、消化器疾患
動かないものは「補」、動きすぎるものは「瀉」 : 消化器疾患の鍼灸応用
アンチエイジングは腎が要!腎を鍼で活かす
椎間板ヘルニアとの相性抜群!実践編
犬猫の現代病「ストレス」鍼灸で劇的改善
難しい脳神経疾患を鍼灸でコントロール
難しい内分泌疾患を鍼灸で改善!
これからのマストスキル 動物にかっさを使ってみよう
はじめての灸 お灸に関するQ(灸)&A
中国 北京市 国際中獣医学院本校 顧問団団長(院長) 陳武博士による特別講義(予定)

>>カリキュラムの詳細はこちらをご覧ください|第三期カリキュラム(2018.10.02)

※1)授業日、講師、会場等に変更がある場合がございます。あらかじめご了承ください


授業の日程

第一回2018年 10月14日(日曜日)
第二回 11月18日(日曜日)
第三回 12月16日(日曜日)
第四回2019年 01月13日(日曜日)
第五回 02月03日(日曜日)
第六回 03月10日(日曜日)
第七回 04月21日(日曜日)
第八回 05月12日(日曜日)
第九回 06月09日(日曜日)
第十回 07月14日(日曜日)
第十一回 08月18日(日曜日)
第十二回 09月08日(日曜日)

※1)全12回とも日曜日(10:30-16:30)開催です。
※2)都合により、授業の日程が変更になる場合がございますことをご了承下さい。変更があった場合は、決まり次第こちらのホームページの情報を更新いたします。


学費等

● 期 間 : 2018年10月-2019年9月
● 授 業 : 1ヵ月に1回(4講座)/合計12回(48講座)
● 受講料 :370,000円(税別)


認定登録

認定証|国際中獣医学院日本校修了証|国際中獣医学院日本校『中獣医鍼灸師養成講座』を受講して資格認定試験に合格した場合、国際中獣医学院日本校 認定中獣医鍼灸師として会員登録することができます。

● 入会金:10,000円(税別)
● 認定登録料:10,000円(税別)
● 認定登録更新料:20,000円(税別/3年毎更新)

※1)希望される合格者には、国際中獣医学院日本校および国際中獣医学院中国本校の認定証を授与いたします。
※2)各種の費用のお支払い方法は、銀行振り込みのみの取り扱いとなります。


会員特典

中国伝統獣医学国際研修研究センター① 会員限定ページで、認定講師陣による中獣医学相談をうけることができます。
② 公式ホームページに『認定中獣医鍼灸師』として登録表示されます。
③ 海外視察研修への参加が可能です。
④ 学院が開催する各種セミナーにご優待価格で参加できます。
⑤ 適宜、最新のテキスト(電子版)を優待価格でダウンロードできます。(製本を希望の場合も、優待価格で購入できます)


第三期生限定 受講生特典

受講生全員に、習ったその日から実践にすぐに使える、中獣医鍼灸に必須のアイテム2点を無料で進呈いたします。

(1)日中英版 犬猫ツボアトラス(漢香舎刊)

犬猫ツボアトラス(01)02中獣医鍼灸学を学ぶにあたり、ツボの位置を習得することはとても重要です。しかし、動物の種類や品種により取穴法には差があり、また被毛の多い動物の正確なツボの位置を見つけられる様になるには長い経験が必要です。さらに、出典によりツボの位置はさまざまで、統一性がないなどの問題もあります。
本書では、国際中獣医学院(中国本校)及び日本校の認定講師らを中心に、日頃、臨床で用いられているツボを中心に、イラストを豊富に用いて初学者でもわかりやすく編集しています。日本語のほかに、中国語(繁体、簡単版)、英語と4つの言語で書かれています。中獣医鍼灸学を学ぶものにとっては、ぜひ持っておきたい一冊です。

(2)小動物臨床経絡・経絡自習帳(漢香舎刊)

『小動物臨床経絡・経絡自習帳』漢香舎|JTCVM国際中獣医学院日本校主編(02)『小動物臨床経絡・経絡自習帳』漢香舎|JTCVM国際中獣医学院日本校主編(01)『小動物臨床経絡・経絡自習帳』では、経絡の走行と経穴(ツボ)の位置を、左頁に描かれた模範解答を見ながら右頁の白地図に自分で描き込んで学習することができます。経絡経穴の位置を正確に習得するのに必携の一冊です。

 

 

(3)犬経絡穴位図Ⅰ・Ⅱポスター(2枚セット)(漢香舎刊)

『犬経絡穴位図Ⅰ・Ⅱポスター(2枚1セット)』漢香舎|JTCVM国際中獣医学院日本校主編(01)『犬経絡穴位図Ⅰ・Ⅱポスター(2枚1セット)』漢香舎|JTCVM国際中獣医学院日本校主編(02)既刊の『日中英版 犬猫の経穴(ツボ)アトラス』と『犬経絡穴位図Ⅰ・Ⅱポスター(2枚セット)』を用いると、14経絡のツボの横の位置関係もわかりやすく理解することができます。


(4)犬・猫 経絡ポスターB2 ×各1枚ずつ(社団法人日本ペットマッサージ協会編)


【参考】 受講から卒業後におよぶ 学院のサポート体制のイメージ

受講から卒業後までのイメージ|中獣医鍼灸師養成講座|国際中獣医学院日本校


| ホーム お知らせ国際中獣医学院について講義の概要とカリキュラム | 中(獣)医学と鍼灸

よくあるご質問 | 認定中獣医鍼灸師 | 会員限定之頁 |


国際中獣医学院 日本校 事務局 : 〒162-0042 東京都新宿区早稲田町83-B1 国際中獣医学院日本校